酒粕の栄養について

酒粕の成分、栄養、期待される効能

酒粕の栄養成分(100g当たり)

エネルギー
227kcal

たんぱく質

14.9g

脂質

1.5g

炭水化物

23.8g

食塩相当量
0.0g

(数値は日本食品標準成分表による推定値です)

酒粕の栄養価

たんぱく質

筋肉をつくるだけではなく、丈夫な骨をつくり代謝を促進させることで細菌やウィルスに抵抗力がつきます。

ビタミンB1

精神状態を向上させることで、神経組織、筋肉、心臓の働きを正常にたもつことにより乗り物酔いなどにも効果があります
ビタミンB2

動脈硬化や老化を進行させる過酸化脂質の分解に役立ちます。•皮膚・爪・毛の成長をうながします。

ビタミンB6
(ピリドキシン)
余分な脂肪を吸収し、老化を防止するといわれる核酸の働きを促進します。

葉酸

腸内の寄生虫退治や食中毒の予防など。

パントテンサン(ビタミン5)
身体の代謝をスムーズに行い、肌荒れ予防など

食物繊維

食物繊維は低カロリーで肥満の予防にもなるので、さまざまな生活習慣病の予防に効果があります。